血糖値コントロールTEAを実践

血糖値コントロールTEAというお茶を試してみました

ACON社の血糖値測定器を取り扱っているサイトにいくつか関連したサプリメントがあったのですが、その中で気になったドクターズチョイスの血糖値コントロールTEAを購入し、実際に試してみました。

「お茶で血糖値が抑えられる?」
さすがに、うさんくさい気がしています。

しかも、アマゾンで高評価のサプリメントの多いドクターズチョイス製品となると、本当に効くような気がしなくもありません。

金色のパッケージは高級感があります。
今回は、60包入りの方を購入しました。30回分というのもあるのですが、もしも結果が良かったら父親にプレゼントしようと思います。

中には、このようなティーバッグが入っています。
フローラルでちょっとリンゴのようにも思える独特な香りです。
嫌な感じではありません。

紅茶のニオイが苦手な私でも、気にならないレベル。

早速淹れてみます。

微粉のようなものが見えますが、細かいのであまり気になりません。

5分もすると、このような色合いになり飲み頃。

飲んでみると、味は、そこまで際だったものはなく、かすかに甘みが感じられます。これは、ステビアの味?

香りが無ければ、味の薄いほうじ茶のような感じですが、正直、例えが難しいです。
ただ、紅茶のような味にも感じます。

では、血糖値の結果です。

まず、血糖値を上げてみようと思い、バナナ、サツマイモ、カボチャを煮込んだものを食べてみました。糖質が多く消化吸収の良い状態にして食べれば、経験からも一気に上がる事が多いので。

食後すぐに一度計ったところ、そこまでは高くなかったです。

でも、大体、これから体内に吸収されはじめるので30分もすれば、血糖値は、更に上がると思います。いつもなら、この後、150mg/dLを超える事もあります。
ですが、結果は…。

食後すぐに血糖値コントロールTEAを飲み、食後45分位した段階でこうなりました。

「いやいや、ウソでしょう…」
そう思ってもう一度測定してみましたが、104mg/dLという食後の割に低い数値でした。

血糖値コントロールTEAを初めて飲んでこの数値だったというのは、たまたまな可能性もありますが、この結果は、ちょっと気持ちが前向きになれます。特に、最近は、食後高血糖の傾向が若干出てきている感じだったので、いざという時は頼ろうかなと思えます。

とりあえず、私の分は10袋ほど確保して、残りは、父親へ渡してきました。
そのうち、父親にも変化を確認しておこうと思っています。