薬局でセンサーを買うのは大変そう…

薬局でセンサーを買うまでの狭き道

日本の薬局で血糖値測定器のセンサーを購入しようとすると、色々と面倒な事がつきまといます。まず、センサーは、一般検査薬に含まれないので医療薬品の扱いになる為、医療法で定められている通り医師の指導の下に使う事が原則となるので対面販売のみとなります。

この時点でネット販売は、できない事がわかると思います。
薬局の薬剤師に電話して発送してもらうのもネット販売と同じというか対面販売ではないので許可されません。

また、薬剤師の居る薬局だからと言って棚に陳列させて誰にでも販売できるかというとそれもまたダメで、対面販売だからと言っても誰にでも売れるというものでもないようです。

一般用検査薬として、ネット通販が出来るのは、尿タンパク検査薬と尿糖検査薬、そして、妊娠検査薬でこれらは、楽天でもアマゾンで通販しても問題ありません。通販で買う事が問題あるかどうかというより、販売する側が薬事法に抵触しているかどうかが重要なので、この場合は、問題なく販売できると言った方が良いかもしれません。

対して、一般検査薬以外の血糖値測定器のセンサーを始めとする医療薬品に含まれる検査薬は、ネット販売が出来ないだけでなく、薬局で販売する時にも注意が必要なようです。

この医療薬品の中で薬局で認可されている検査薬は、尿潜血の検査薬と排卵検査薬の二種類のみとの事です。

つまり、一般用検査薬からも漏れ、薬局で販売可能な検査薬からも漏れている血糖値測定器のセンサーを購入するには、病院、もしくは、販売権を持っている薬局を探して購入しなくてはならないなど、本当に手間が多くて面倒なのです。

その上、コストを考えて使いたい検査薬も選ぶ自由も限られる。そう考えると、個人輸入を利用してセンサーを購入した方が面倒毎を全てスルーして賢く手軽に手に入れる方法なのかもしれません。