センサーは何枚位あれば良い?

毎日の使用じゃなくても50枚はすぐ無くなる

個人輸入で血糖値測定器を購入した場合で継続して自己測定を行うつもりなら、消耗品であるセンサーは、定期的に購入しなくてはなりません。

その時に気になるのが、どのくらいの枚数を確保しておけば良いのか。
売られているものは、50枚、100枚、200枚のセットとなっていますが、この中で選ぶ場合、普段使いしないなら50枚と言えます。

食事内容と血糖値の上昇具合が気になった時だけちょっと使う位なら、この位でも十分かもしれません。

私の使用感と実感も踏まえると、50枚は結構すぐに無くなりますが。
毎日の食前食後という使い方はしていないのですが、毎朝の空腹時による違いを確認したり、血糖値が明らかに高くなりそうな食事の時には、30分置きにチェックしたり。

そうやって、気になったらその都度血糖値の自己測定を行うようにしていると、あっという間に50枚は消費してしまいます。
また、たまに採血量が少なく、エラーとなってしまう事もあります。

同じレベルで針を刺しても、血液の量が少なかったりする事があるのですが、その日の目分量で大丈夫だろうと思って採血すると、やはり少なくエラーとなってしまう。
こういう事があり、1割位は予備分として考えておく必要もある気がしました。

そうなると、気になったら使う程度でも100枚位は最低持っておきたいところです。

また、毎日のチェックに加えて、気になったらチェックするという場合は、100枚もすぐに消費してしまうので、200枚のセットを数セットというのが当面のストックとして必要となってくるかもしれません。