砂糖は分解するのに負担となるらしい

いわゆるショ糖は控えめに

日頃食べる多くの食品に含まれている代表的な調味料と言えば、砂糖ですが、体内での分解に少し手こずるそうです。

対して、身体の中ですぐにエネルギーとして使われるのはブドウ糖。こちらは、単糖類でそれ以上小さく分解されないのでこのまま使われるそうです。

もう一つ、単糖類には、果糖という果物に多く含まれる糖質がありますが、これとブドウ糖が結合したショ糖は、身体の中に吸収させる為に加水分解という工程をクリアする必要があります。

この時に必要となる酵素がスクラーゼというものですが、これは、ショ糖がスクロースなのでそれに対してスクラーゼという名前。とても覚えやすい。
というか、大体このパターンで、乳糖はラクトースなのでラクターゼという感じです。

なにはともあれ、砂糖に水を加えたら見た目状は溶解しているわけですが、分子で考えるとブドウ糖と果糖に分解されているわけではないという事です。

このように加水分解のような工程を必要とする糖質は、身体にとって負担となるそうです。体内の水分を使って化学反応が起こっている状態なので、そうらしいのですが、このような分解を必要とする砂糖は控えめにした方が良いそうです。

血糖値が上がるというのは、血液中のブドウ糖の濃度だけで判断してしまいがちですが、どちらかというと、こうした糖質に対して身体の方が対処しきれなくなった結果と考えた方が自然な事なのかもしれません。