低血糖がもたらす症状は?

血糖値が正常より低い方に傾く

低血糖とは、血糖値が正常な値を超えて低い方に傾いた状態のことです。
正常な変動幅であれば、およそ70~120mg/dlの値で血糖値が変動しますが、これより低くなった場合は低血糖と考えられます。

低血糖を引き起こすとイライラが強くなることが増えますが、大半は、これくらいで治まることが多く、そこまで心配する必要は無いようです。しかし、場合によっては、治療が必要な内因性低血糖である可能性もゼロではないので注意しなくてはなりません。

原因と考えられるものは、絶食時間の長さや年齢性別、または妊娠による影響で低血糖を引き起こす場合もありますが、低血糖の持続期間の約70%は3ヶ月以内で治ります。

また、全体の80%が自然に回復するので、こうした一時的な低血糖であれば、特に治療も必要としないようです。

ですが、中には、インスリンが原因となり低血糖を引き起こす場合もあります。

糖尿病治療薬であるインスリンまたは経口血糖降下薬を使用すると、これらの薬に対する感受性の高い人が低血糖引き起こす場合があるのです。他にも、抗不整脈薬などの投与によって引き起こされる場合、または、空腹時にアルコールを摂取することによって引き起こされることもあります。

大きく分けて二つの神経障害が起こる

低血糖症状には、大きく分けて自律神経と中枢神経の二つの症状に分けられます。

空腹や発汗、震え、不安や動機などが著しい場合は、視神経症状である可能性が高くなり、この場合は血糖値が急激に下がっていることが関係しています。

対して、意識の混乱やおかしな行動、集中力の散漫や眠気、発語困難などの症状が有る場合は中枢神経の症状となり、この場合血糖値は穏やかに下がっている事が考えられます。

そして一番注意しなくてはならないのが無事覚性低血糖です。

無自覚性低血糖の何が危険なのかというと、自律神経症状のように何らかの自覚症状、もしくは、他人が見ても明らかに不自然であると思えば、何らかの病気であることが疑われますが、本人も自覚なく周りにも気づかれない為に、低血糖状態が長く続いてしまっている事が有ります。

すると、生命の危険が及ぶ可能性が高くなります。
低血糖を繰り返しているとインスリン拮抗ホルモンの反応も低下し、自律神経症状も現れにくい為、確認が困難であるのが問題です。